一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

財政局

基本方針

心を癒す豊かな自然や農産物、由諸ある温泉など誇るべき伝統と歴史を有するふるさと南陽において、我々はこの地域に存在する多くの魅力を通じて運動を展開し、人と地域の繋がりを築いてきました。半世紀もの永きに亘り多くの諸先輩方の情熱ある行動によって連綿と受け継がれ、今我々が目指す明るい豊かな南陽の実現に向け、メンバーそれぞれの挑戦心と結束力を高め、地域や市民から信頼を得られる盤石な組織運営の構築が必要です。

まずは、メンバーそれぞれに成長の機会を提供するために、東北青年フォーラムの主幹という目標を立て、2020年の開催に向けて取り組みを行います。そして、地域や市民に対し価値ある運動を展開するために、各委員会との連携強化を図り、結束力ある組織を作ることで、計画的かつ効果的な運動体制を構築します。さらに、建設的な意見による活発な会議を行うために、資料の不備が無いよう確認し、理事会等諸会議の円滑な運営に繋げ盤石な組織運営を行います。また、地域や市民から信頼を得られる組織になるために、一般社団法人として公益法人会計基準に則った財政管理を行い、費用対効果を意識した事業費の管理を行います。そして、組織の進化と気づきを得るために、日本JC・東北地区協議会・山形ブロック協議会との窓口として連絡調整を行い、積極的に関わり参加を促します。さらに、災害発生時の迅速な支援のために、行政や社会福祉協議会と連携を図り、災害対応できる体制を構築します。また、次年度のJC運動をより良くするために、アニュアルレポートを作成し、本年実施した事業の総括と次年度への引き継ぎを円滑にします。

 盤石な組織運営の下、挑戦心と結束力を兼ね備えたメンバーそれぞれが成長し、周囲や地域に前向きな影響を与え組織が進化し、市民や地域から信頼を得られる団体となり、南陽青年会議所が価値ある運動を通じて地域全体が輝きを放つ魅力溢れる南陽を実現します。

専務理事 西村 一也

事業計画

住み慣れた郷土である南陽市全域が活発で魅力に溢れ、市民一人ひとりが将来に対し安心して生活できる、豊かな社会の実現に向けて運動を展開してきた我々南陽青年会議所は、地域から信頼される青年団体として社会的責任を自覚し、運動をしていかなければなりません。主の財源は、会費収入を事業計画に沿った予算計上から、執行状況、財務管理を徹底した経理を行い、公益性の高い組織運営・事業運営の組織強化を行う必要があります。

まずは、公益性が高く地域に信頼される団体として運動を展開するために、年度当初の資金計画と予算管理を、適正かつ厳正に判断し財産管理を強化し徹底していきます。そして、透明性ある健全な運営管理の向上を目指すために、公益法人会計基準に基づいた収支の予算管理を徹底し、随時執行状況を各委員会と情報交換を行い、財源管理の透明性と運営管理の整合性を図り、健全で適正な運営管理を行います。さらに、限りある財源の中で効果的に各事業を展開するために、事業根本の背景・目的に沿った事業内容は基より、収支のバランスや費用対効果の適性かつ客観的な視点での助言や指導を行い、無駄のない効率的な執行管理を行います。また、円滑に会議が進むために、事前に配信された事業予算の見積り内容や、予算金額の確認を行い事前修正を心がけ常に管理したチェックを行います。そして、次年度がより効果的な運動が展開するために、今年度実施した各事業の報告を各委員長が中心となり、実施内容や所見を盛り込んだアニュアルレポートを作成し、メンバー一人ひとりが、検証の重要性を認識した上で、次年度へ引継ぐ取り組みを行います。

 各委員会の予算管理や財務管理を一元的に管理し、盤石で強固な組織体制と組織強化へと進化しながら、各委員会の事業内容が質の高い運動へと繋がり、価値ある運動の効果を向上させ、市民や地域から信頼される地域全体が輝きを放つ魅力溢れる南陽を実現します。

財政局長 高橋 毅

〔職務分掌〕

1.年度予算案・年度末決算の審査

2.予算の執行管理

3.会議・委員会会計の指導及び助言

4.アニュアルレポートの作成

5.その他

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress