一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

地域の元気発信委員会

  • HOME »
  • 地域の元気発信委員会

基本方針

 我々は、地域資源である特産物や名所、古くから伝わる民話、歴史ある寺社など誇れる魅力が多くあるまち南陽市で、地域の未来を考え郷土を思い明るい豊かな社会の実現に向け多くの運動を展開して参りました。今こそ更なる地域発展に向け責任世代である自覚を持ち現状を把握し、魅力溢れる南陽市の未来のため運動という一石を投じ、それが波紋となり市民の前向きな意識変革へとつながる、地域を拓く先駆けにならなければなりません。

 まずは、南陽市への関心を高め当事者意識を持ち現状を見つめ直すために、市長例会を執り行い、これまで行った事業について地域に対する思いと意義を発信し、今後の市における将来の展望をお聞かせいただくことで市の課題と向き合う場とします。そして、行政と共に地域に根差す運動を構築するために、市長との多くの情報交換と市の魅力を共有できる学びの機会とし、今後における行政との関係をより強固なものにします。また、南陽市の人達に未来への可能性や希望と元気を与えるために、地域資源である特産物を活用し、これまでにない青年らしい斬新で個性的なアイデアと行動力で郷土の魅力を発信することで、市民がワクワクできる事業を実施します。さらに、自立的で持続性のある事業にするために、我々と同じ郷土を思い熱意と情熱をもつ他団体と協働し、より大きな波紋を生み市民を巻き込むことができる機会の提供をします。そして、地域活性化に寄与するために、南陽市の魅力の一つでもある菊と市民のカーニバルへ積極的に参加することで、地域方々とふれあい協力し共に街づくりをする機会となり地域貢献のできる事業を行います。

 青年会議所メンバーが変革の能動者として、地域が必要とする多くの価値ある運動に覚悟をもって挑むことで、波紋となり地域に住まう一人ひとりの意識が変革され共に郷土の未来を描き将来に希望を持つことで「市民がワクワクできる魅力ある南陽」を実現します。

地域活性担当常任理事 依田 保志

 

事業計画

 豊富な農作物の地域資源を始め、長い歴史を歩み誇れる郷土の歴史が融合している南陽市で我々メンバーは、市民に信頼され必要とされる団体として、三信条のもと明るい豊かな社会の実現に向けてJC運動を行ってきました。創立50周年という大きな節目を迎え、更なる発展に向け、運動に繋げる仕組や資源を有効活用し発信を強め、より多くの市民へ地域の良さや魅力を浸透させ、新たな未来を切り開く先駆けにならなければなりません。

 まずは、南陽市が抱える問題を認識し、我々が地域のニーズに沿った価値ある運動を展開するために、市長例会を執り行い、南陽市の将来の展望と課題の情報共有を図り、現状と向き合い将来に繋げる場とします。そして、より良いまちづくりを創造するために、取組んできた事業の発信から意見交換をし、地域に効果的な協働体制から問題解決に繋がる糸口を思案し、行政と相互作用のもと、強固な関係性を構築します。また、伝統行事の菊まつりが、さらに郷土の魅力として地域に発信を強めるために、市民がワクワクできる地域活性化事業を開催し、花卉を主体とした斬新でユニークな展示方法や、花の特徴を生かした創作を展開し、多くの市民が参画する機会と体験を設け、地域が活力と元気に繋がる取り組みを行います。さらに、地域から他地域へと波紋の広がりを強めるために、菊まつりに参画している機関や団体を繋げる仕組を協働して構築し、運動力を高めます。そして、メンバーで市民と一緒にふれ合いながら、地域行事を盛り上げ、魅力の一つである伝統行事の活性化を図るために、菊と市民のカーニバルに参加し、地域貢献の事業を行います。

 我々メンバーが地域の明るい豊かな未来を切り拓く先駆けとなり、JC運動を展開することで、市民一人ひとりの意識が変革し、共感する市民が増え、さらに運動が広がり、市民先導となったまちづくりに繋がる「市民がワクワクできる魅力ある南陽」を実現します。

委員長 髙橋 毅

〔職務分掌〕

1.市長例会の企画・実施 (4月)(例会)

2.ワクワクできる地域活性化事業の企画・実施 (10月)(例会)

3.菊と市民のカーニバルへの参加事業の企画・実施 (11月)(事業)

4.その他

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress