一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

あかり絵運営特別委員会

  • HOME »
  • あかり絵運営特別委員会

基本方針

南陽青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現を目指し、地域に根差した運動を展開する組織として、市民の皆様に対して運動を伝播する事が求められ、常に進化し続ける組織 でなくてはなりません。更なる地域の発展に向けて、我々の想いを発信するだけではなく、市民を巻き込み共に成長する事が必要であり、変わらないために変わるまだ見ぬ「あかり絵」を創り上げ、市民と共により良い未来への可能性を求めていかなくてはなりません。

まずは、まだ見ぬ未来のあかり絵を創りあげるために、諸先輩方から長年に亘り受け継がれてきた心や伝統、過去を見つめ改めて検証し、新しい可能性を求め、あかり絵マニュアルの見直しを行い、今の時代に求められる形での地域活性化に繋がる運営方法を構築します。そして、南陽市に住む人々が誇りを持ち、愛する地域への想いを共有し、市民を巻き込んだ地域の活性化を推進していくために、11年という年月を重ね、進化を続けてきたあかり絵を継続事業として捉えず、2017年度南陽青年会議所だからこそできる事業と考え、今まで歩み続け受け継がれてきた先人たちの想いや、11年分の参加者達の願いを具現化した、より魅力のある進化した「あかり絵」を開催します。また、10年後20年後の明るい豊かな社会へと繋げるために、関係各諸団体、協賛企業や市民と更なる協力関係を築き、輝く未来へのイメージをともに創り上げます。さらに、南陽に誇りを持った市民全てを巻き込こめる共感を呼ぶ運動を展開するために、魅力あふれる運動を構築することはもちろんのこと、画一的な情報発信に終始することなく効果的に運動を発信します。

地域から信頼され必要とされる青年会議所メンバーが先頭に立ち、また支えとなり、地域社会と人との繋がりの架け橋となることで、より多くの人が地域の活性化に参画するようになり、新しい可能性を創りだせる「一人ひとりが未来を創造する南陽」を実現します。

担当常任理事 山水 智司

事業計画

開催から12年目となる本年、今では多くの市民に認知されているあかり絵は、私たち南陽青年会議所の最大の運動発信の機会であります。平和への祈りを発信するという原点に立ち返り、良き伝統を守りながらも新たな可能性を信じて変えていく勇気を持ち、地域を牽引する気概と覚悟を持った私たちが、地域に更なる思いやりの心と市民一人ひとりに南陽市を愛する想いが満ち溢れるよう、魅力的なあかり絵を展開していく必要があります。

まずは、まだ見ぬ進化したあかり絵を創造するために、あかり絵マニュアルの見直しを行い、過去11回と長きに亘り繋いできたあかり絵の歩みを振り返り、これまでに無かった新たな可能性を考えて、地域発展に繋がる運動を目指します。そして、無数に並ぶ灯りで優しさや温かさ、愛おしさを感じていただくために、誰しもが参加しやすく心から癒しや平和を感じる夏の風物詩としてあかり絵を開催します。また、今の私たちだからこそ行える事業と捉え、市民の皆様を巻き込み共に愛する故郷への想いを抱くために、郷土愛を感じるあかり絵を実施します。さらに、私たちが抱く本事業への想いを市民の皆様に周知し、同じ想いを共有するために、協賛企業を募りまちづくりに携わることを実感することで当事者意識を高めます。そして、地域活性化に繋げるために、各種団体と気持ちをひとつに連携を強固なものとして、多くの市民の参画を推進します。また、効果的に運動を伝播するために、様々なツールを用いて市民の皆様を巻き込む運動を展開します。さらに、先人より築かれた絆を守るために、あかり絵のあり方を検証しさらなる進化へと繋げます。

地域発展の実現に向けた運動の波紋の輪が広がり、未来を見据えたまちづくりへの参画意識を高めた市民と共に、私たちの魅力溢れる故郷に誇りと次世代に繋ぐ責任を持った担い手として新たな可能性を共感できる「一人ひとりが未来を創造する南陽」を実現します。

委員長 和田 広司

〔職務分掌〕

1.あかり絵の企画・実施 (8月)(例会)

2.あかり絵マニュアルの見直し

3.その他

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress