一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

ひとづくり委員会

  • HOME »
  • ひとづくり委員会

基本方針

南陽青年会議所では、これまで子供達に奉仕、善悪、道徳心といった心の成長を養い、郷土愛を育む運動を行うとともに社会福祉協議会などの他団体との交流を図ってきました。社会情勢や生活環境が大きく変化していく中で、私たちの運動は地域に根付き、理解を得ています。昨今、消滅可能性都市と呼ばれている南陽市において、人々が信頼で結ばれ、未来を担う子供達の故郷を愛する心を育み、強く逞しい人材を育成することが必要です。

まずは、常日頃からご指導ご協力いただいている社会福祉協議会と、今まで以上にお互いの顔が見える、強固な揺るぎない関係性を構築していくために、社会福祉協議会との共同事業を実施し、着実な連携を構築して安心、安全なまちづくりを担います。そして、災害に強い南陽市の原動力となるために、災害発生時を想定した災害への備えと、支援体制のあり方を確認する防災シミュレーションを実施し、有事の際に円滑な運営を行える土壌を作り、社会福祉協議会とともに防災を通し地域との絆を結んでいきます。さらに、地域の子供達が郷土を愛する気持ちを抱き、友情と信頼関係を育むために、南陽市内の子供達を対象とした青少年育成事業を実施し、学校間だけでなく、学区外での交流を持つことで、同世代との繋がりを構築します。また、何事も自発的に行動できる人材を育成するために、苦楽を共にしながら、学校生活や日常生活での普段ではできない貴重な体験を展開し、この街に暮らす子供達が南陽市の未来を切り拓くバイタリティー溢れる頼もしい魅力ある大人へと成長し、豊かな心と清らかな心を持ち合わせた人材を次代につないでいきます。

 社会福祉協議会と連携し、災害時の支援体制を構築するとともに、地域が抱える様々な問題と課題に向き合いながら自己の成長を遂げ、たくさんの出会いや経験を積んだ豊かな人材が、信頼関係で結ばれた仲間と郷土を愛し、明るい夢と希望溢れる南陽を実現します。

担当常任理事 武田 俊孝

事業計画

南陽青年会議所では、これまでも未来を担う子供達に共助の心や道徳心、郷土愛を育む運動を行うと共に、南陽市社会福祉協議会などの他団体との連携を図ってきましたが、社会情勢や生活環境が大きく変化していく中で、南陽市でも進学や就職による若者の市外流出の問題が懸念されております。これまで以上に他団体との連携を強化するとともに、人々が信頼で結ばれ、強く逞しい人材の育成と、子供たちの郷土愛を育むことが必要です。

まずは、除雪ボランティアを通して連携を図ってきた南陽市社会福祉協議会と、これまで以上に顔の見える強固な関係を構築するために、共同で事業を実施し、災害時の支援体制のあり方だけでなくお互いの事業を知ることで、安心・安全なまちづくりを目指していきます。そして、災害に強い南陽市の原動力となるために、入会歴の浅いメンバーにも緊急災害時のボランティアセンターの重要性や連携の取り方を理解してもらい、災害マニュアルや南陽市との災害協定を再確認し、社会福祉協議会と共に、防災を通し地域との絆を構築していきます。さらに、子供達が自発的に行動し自分の持つ無限の可能性を見つけられるために、南陽市内の子供達を対象とした青少年育成事業を実施し、学校内だけの交流だけではなく、学区外での交流を持ち同世代との友情を広げます。また、子供たちが南陽市の未来を自ら切り拓ける魅力あふれる大人へと成長するために、普段の生活や学校生活では出来ない貴重な体験を通し、地域や家族、仲間と協力し信頼することの大切さ、失敗を恐れず挑戦していけるような心を持ち合わせた人材を育成し、次世代に繋いでいきます。

 南陽市社会福祉協議会との災害時の支援体制がより強固なものとなり、有事の際の対応力が高まるとともに、将来を担う子供たちが自己の成長を遂げ、信頼出来る仲間を増やし、自発性を持って多くの市民を巻き込む人材となり、夢と希望に溢れる南陽を実現します。

委員長 髙橋 哲郎

〔職務分掌〕

  • 社会福祉協議会との共同事業の企画・実施 (3月 例会)
  • 青少年育成事業の企画・実施 (7月 例会)
  • その他
  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress