一般社団法人 南陽青年会議所 2019年度ホームページ ~Go Straight! ~やるなら今しかねぇ~

ひとづくり委員会

  • HOME »
  • ひとづくり委員会

基本方針

ひとづくり担当常任理事 石井 伸佳

  現代社会は大きく変化しつつある中、地域社会問題による影響は常に高齢者の生活に不安を煽り、さらには子供たちの将来の職業や生活に変化をもたらしており、私たちはこの地域の課題にどのように対応するかを今まさに考えなければなりません。私たちは子供から親世代と一緒に、地域の課題と自分の将来について真剣に考える時間を共有し、目の前の課題や困っている人に対し、自発的に行動できる人財へと成長していく必要があります。

まずは、住民同士の支え合いの心を育むために、自力では除雪が困難な高齢者を対象にした除雪ボランティアを行い、多くの地域の人々と共に高齢者へ、いたわりの心を届けます。そして、目の前の困っている人に対し、自ら率先して行動できる人財へと導くために、除雪ボランティア事業を通して、これからの地域を担う者としての意識を高めます。さらに、地域の除雪のニーズに柔軟に対応できるようにするために、各団体と情報を共有して協力できる体制を構築し、必要な際に臨機応変に行動ができるようにします。また、子供たちが夢を前向きに思い描けるようにするために、最新技術について楽しく触れ、自分たちの将来に対するワクワクした気持ちを育みます。そして、親世代と一緒に社会変化に適応できる人財へと成長させるために、これからの将来の仕事や生活の変革について学び、未来に希望を持って前進する心を育みます。さらに、青少年育成事業が地域共生社会の構築の一助となるために、子供たちが最新技術から学んだことを地域課題にどのように活かせるかを考え、将来に向けて高い志と情熱を持って、積極的に行動する意欲を高めます。

目の前の課題に対し挑み続け、次代の地域を担う逞しい人財となった市民と我々は、住民同士の支え合う心が地域に広まり、子供から親世代が、これからも大きく変化していく将来に向け希望と情熱を持って前進していき、ワクワクできる未来輝く南陽を実現します。

事業計画

委員長 長嶋 正継

 これまでとは比較にならないスピードで大きく変化していく社会の中で、南陽市も、若い世代を中心とした人口減少への対応、最新のテクノロジーや働き方、教育課程への順応など、避けては通れない課題に直面しています。高齢化社会の中で、地域が抱える課題に積極的に行動を起こし、大きな変化がある近い将来に必要な心構えや考え方、新しい技術に触れる時間を次世代となる子供たち、並びに現役世代の市民と共有することが必要です。

まずは、南陽市の目指す「住民同士がともに支え合う地域共生社会の構築」の実現に寄与するために、市民と共に除雪ボランティアを行い、目の前にある問題に自ら行動を起こす意欲を高めるとともに、自力での除雪が困難な高齢者に、安全といたわりの心を届けます。そして、事業の日に限らず、地域の除雪ニーズに対し臨機応変に対応できるようにするために、他団体との協力体制を構築し、会議所内においては、伝達と準備がスムースに行えるように組織し、柔軟な除雪ボランティア活動を展開できるようにします。さらに、子供たちと親である青年世代が、これからの仕事や生活を前向きにイメージし、ワクワクする未来に期待を膨らませ、夢を描くことができるようになるために、プログラミングやAI、IoTがもたらす社会の変化を親子一緒になって学べる青少年育成事業を行い、新しい技術や考え方を学ぶ機会を創ります。また、「自ら行動する元気なひと」が存在する地域社会を実現するために、事業内で学んだことが、社会や南陽市の抱える課題にどのように活かすことができるかを考える時間を設け、参加者が自発的に行動する気持ちを養います。

目の前にある課題と、変化する未来への見識を深め、相互扶助の精神と新しいスキルの活用方法を身につけ、次代を担う人財となった我々と市民が、大きく変化していくこれからの未来へと希望と夢を抱き、共に前進して、ワクワクできる未来輝く南陽を実現します。

〔職務分掌〕

1.地域共生社会の構築に向けた除雪ボランティアの企画・実施

2.未来に期待を膨らませ、夢を描く青少年育成事業の企画・実施

3.その他

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress