一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

次代へ輝く人づくり委員会

  • HOME »
  • 次代へ輝く人づくり委員会

基本方針

南陽青年会議所は、これまで子ども達の道徳心や奉仕の心を養い、郷土愛を育む運動を行ってきました。社会情勢や生活環境が著しく変化する中で、私達の運動は地域から一定の理解を得て市民が共感する運動へと進化しつつあります。今こそ、私達JAYCEEは、「明るい豊かな社会」の実現を目指し、結の精神を呼び覚ますと共に、地域の未来を自ら率先して切り拓く力を宿した、夢と希望に溢れる輝く人材を育成しなければなりません。
まずは、地域の抱える課題に対して真摯に向き合い、当事者意識を持って自発的に行動できる人材を次代につないでいくために、子ども達の共助の心を育む福祉事業を実施します。そして、私達の暮す南陽市に結の精神を醸成させるために、事業に共感する各種団体との連携を強化し、地域に暮らす子ども達を巻き込んだ価値ある運動へと進化させます。さらに、この街に暮らす子ども達が、清らかな心を育み豊かな生活を過ごすために、自分の将来に夢を描き、目標を掲げることの大切さを学ぶ青少年育成事業を実施します。また、地域の明るい未来を切り拓く逞しい人材を育成するために、自分の掲げた目標に向かって弛まぬ努力を続け、失敗を恐れず困難に立ち向かう強い心を持った子ども達を育成します。そして、この街に暮らす人々の故郷を愛する心を醸成し、誇るべき美しい風景を後世へ継承するために、山形ブロック協議会と協働で市民参画型の「ふるさとOMOIYARIプロジェクト」を実施します。また、利他の精神を持つ次世代を育成するために、地域の未来を担う子ども達を巻き込んだ運動を行い、思いやりの心を未来へつないでいきます。
豊かな人間性と清らかな心を兼ね備え輝きを放った人材が、地域が抱える問題と向き合いながら、共感する仲間とともに明るい未来を切り拓いていく中で、故郷に尊い結の精神と郷土を愛する心が育まれる事により、夢と希望に満ち溢れるふるさと南陽を実現します。

副理事長 北野 淑人

 

事業計画

南陽青年会議所は、慈愛の心をもって子供たちに接し、奉仕、善悪、道徳心といった心の成長を育む運動を行ってきました。時代の社会情勢や環境が変化する中でも、私たちの運動に共感してくださる市民が増えています。今こそ、責任世代である私たちJAYCEEが豊かな地域の実現を目指し、美しい共助の心と利他の心を宿し、当事者意識を持って自発的に行動できる、夢や希望に満ち溢れた未来を担う人材を育成しなければいけません。
まずは、地域の抱える様々な課題に向き合い、報恩感謝の念と奉仕の心もって、困難に立ち向かう自立した人材を育成するために、共助の心を育む福祉事業を実施します。そして、私たちの文化の根幹を成している相互扶助の精神を地域に伝播するために、社会福祉協議会の皆様や市内の中学生や高校生を中心に、多くの市民を巻き込んだ運動へと進化させます。また、この街に暮らす子供たちが未来に向けて夢を持ち、将来を担う存在として強く逞しい大人へと成長するために、日本のみならず世界で活躍し人々を惹きつける、魅力ある講師をお招きした講演会を実施し、些細なことでも目標を持ち、失敗を恐れずに挑戦できる、困難に打ち勝つ強い心と清らかな心を持った、バイタリティー溢れる子供たちを育成します。さらに、地域に住む人々が自然への畏敬の念を抱き、ふるさとを誇りに思える郷土愛をもつために、県内17LOMと協働で「ふるさとOMOIYARIプロジェクト」を実施します。また、利他の精神を持ち合わせた慈愛のある人材を育成するために、地域を担う子供たちにも働きかけた事業を展開し、この運動を未来へつなげていきます。
地域の未来を自分で切り拓く力と、清らかな心を持った子供たちが、共助と利他の精神を兼ね備えながら成長を遂げ、魅力ある人材となることで、郷土を愛する気持ちと、結の精神が育まれ、共感する市民とともに、夢と希望に満ち溢れるふるさと南陽を実現します。

委員長 武田 俊孝

 

【職務分掌】

1.共助の心を育む福祉事業の企画・実施
2.青少年育成事業の企画・実施
3.山形ブロック協働事業の企画・実施

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress