一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

会員拡大委員会

  • HOME »
  • 会員拡大委員会

 

基本方針

青年会議所運動は単年度制でありますが、会員拡大は単年度で終了されるものではなく、この先5年後、10年後も地域に必要とされる団体であり続けるには、継続的に会員拡大を推進していかなければなりません。私たちが生まれ育った南陽市という「まち」の更なる発展に向けて、JC運動に自信と誇りを持って会員拡大を進め、次世代で活躍できる人財を一人でも多く入会へ導き、明るい豊かなまちの実現へと繋いでいく必要があります。

まずは、会員拡大への行動意識を根付かせるために、会員一人ひとりが本気で意見を交わすことで、即行動に移せる効果的な会員拡大会議を実施し、当事者意識を醸成します。そして、会員拡大の意義と必要性を理解するために、会員の士気を高められる決起事業を構築し、拡大運動に対して南陽青年会議所が一丸となって取り組める土台をつくります。さらに、入会候補者の意識を変革するために、私たち青年会議所運動の本質や魅力を伝える異業種交流会を開催し、理解と共感を図ることで多くの市民を巻き込み、同じ志を持つ仲間を求めます。また、私たちの会員拡大に対する熱い想いを伝えるために、積極的に足を運び、一度で成功せずとも二度三度と継続的に訪問することで、入会へと繋げます。そして、全会員の会員拡大への情報共有を図るために、動きのあった入会候補者の情報を効率よく伝え把握することで、素早く行動に移せる連絡体制を整えます。さらに、5年後、10年後の明るい豊かなまちへと繋げるために、会員拡大年次報告会を開催し会員に成果や改善点を伝え、今後の会員拡大に役立てることができる、未来に繋がる報告会とします。

存在意義を理解し意識変革を遂げた私たちが、多くの市民を巻き込み、同じ志を持った仲間とともに地域活性化に向けた運動を展開し、私たちの魅力溢れる故郷に誇りと次世代につなぐ責任を持った担い手として、一人ひとりが輝き、未来に繋がる南陽を実現します。

担当常任理事 和田 広司

 

事業計画

南陽青年会議所は、拡大方程式を用いた取り組みの成果で会員数は増加傾向にあり、昨年度に総会決議された会員拡大中長期計画に基づき、設立60周年を70名の会員で迎える事をビジョンに掲げ、拡大運動を展開しています。市民意識変革団体である南陽青年会議所は、地域や市民に向けて、よりインパクトのある多くの運動・事業を展開していく事が出来る団体へと進化を果たし、その原動力となる会員数を増やしていく必要があります。

まずは、メンバー一丸となって拡大運動に取り組むために、会員拡大に対する青年会議所の本質と会員拡大の意義を再認識させるとともに、会員拡大の基礎知識や手法を周知しメンバーの拡大意識を向上させる決起事業を開催し、拡大運動に取り組む土壌を作ります。そして、候補者に南陽青年会議所の実態を理解していただくために、異業種交流会を開催し様々な職種のメンバーが在籍している事、南陽青年会議所の活動を通じて魅力的な人物に成長した事、未来に繋がる南陽を考えている事を伝えていき、拡大に繋げていきます。さらに、候補者を入会に繋げるために、拡大組織での1グループ10名、計50名の候補者に今年度作成したパンフレットを使用し南陽青年会議所活動を説明し、理事長や直前理事長から面談していただき、南陽青年会議所の本質を説明してもらい、入会に繋げます。また、次年度の会員拡大運動に繋げるために、年次報告会を実施し今年度の拡大方程式を用いての拡大運動の成功点や反省点、活動内容報告や広報活動の検証、理事長面談の面談した人数から入会に至った新入会員数の割合を報告し、次年度の拡大運動に引継ぎます。

南陽青年会議所設立から今まで続いている尊い運動である会員拡大という運動を通じて、新たなJCの理念に共感する多くの同志を迎え、また新たな同志からの拡大の波紋を広げ拡大運動を次年度に引継ぎ、多くの会員数を維持して、未来に繋がる南陽を実現します。

委員長 早川 智一

 

【職務分掌】

1.会員拡大決起事業の計画・実施 (2月 例会)
2.会員拡大実践に関する事項の計画・実施 (通年)
3.その他

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress