一般社団法人 南陽青年会議所 2017年度ホームページ ~次代への挑戦と覚悟~

事務局

基本方針

伝統と歴史、鮮やかな四季に彩られた、愛する郷土南陽市は今から51年前に誕生し、同年に高い志を持った青年により南陽青年会議所が設立され、永い年月を刻み南陽市とともに歩んできました。今後も明るい豊かな社会の実現を目指して、継往開来の精神を有した先人の想いを次代へと確実に引継ぎ、地域の未来を描くことのできる自覚と結束力を持って、組織全体の土台として柔軟かつ強固な運営体制を築きあげていく必要があります。

まずは、私達の展開する事業が価値ある運動として発信していくために、総会や理事会・諸会議等を着実に設営して運動の基盤を形成し、心配りができる盤石な組織運営を実行していきます。そして、尊い青年の運動を展開して行動できる団体であるために、メンバー一人ひとりが覚悟と挑戦心を持つことで意識変革を生み出し、価値ある運動という大きな波紋を創り出していく運動体制を構築していきます。また、安心・安全なまちづくりに向けた万全な備えをしていくために、青年会議所としての組織力を生かした活動を迅速に行い、行政と協力してメンバー一丸となり災害対応に努めて参ります。さらに、地域市民から信頼をされ、公益性の高い事業運動を展開できる組織であるために、公益が重視される公益法人会計基準に沿った財務体質の透明性の向上と適格化、健全化を推し進めて厳格な財務管理を行います。そして、南陽青年会議所が行う全ての運動が地域市民との懸け橋となるために、市民意識変革運動であるということを念頭において展開し広報全般における的確な拡散と強化を図り、魅力ある運動として地域市民・市内外へ向けて広めていきます。

次代への挑戦と覚悟を胸に、地域を変革する牽引者としての自覚と行動力を兼ね備え、透明性と秩序が保たれた組織運営の下で未来へ繋ぐ多くの波紋を創り出し、価値ある運動を築いて確かな一歩を踏み出すことにより「輝きに満ちた魅力溢れる南陽」を実現します。

専務理事 大友 太朗

 

事業計画

南陽青年会議所は昨年大きな節目となる創立50周年を迎え、新たな決意と感謝を胸に創始の掲げた「明るい豊かな社会」の実現に向け、今後10年後間で目指すべき未来ビジョン「NEXTステージNanyo」を策定し新たな一歩を踏み出しました。組織運営の要となる事務局は、各委員会との連携を密に信頼を築き、目指すべき未来ビジョンに向けて力強く運動の歩みを起こすことが出来るようサポートし、環境を整えることが必要です。

まずは、来賓および先輩諸兄に昨年度のご支援に感謝し今年度もご協力を賜るために、新春賀詞交歓会を開催しLOMの新体制および運動方針を示します。そして、第4エリアの同志と共に学び、情報交換や親密な交流を図り、互いの意識を高め合うために、置賜4JC合同例会を実施します。また、有事の際に行政と連携し組織が適切かつ効率的に機能するために、災害時の対応調整をし迅速に行動できる環境を整備します。さらに、いちょうの家の利用者が地域社会への参加を通し、地域住民と共生することに寄与するために、いちょうまつり協力および参加推進を行います。そして、LOMの意思決定の場である理事会を定められた時間内にて有意義な会議とするために、理事会等諸会議の設営を行います。また、全国の情報をメンバーに共有するために、速やかに日本JC・東北地区協議会・山形ブロック協議会との連携調整を行います。さらに、JAYCEEとしての見識を深め、今後の運動の質を高めるために、各種大会・会議への参加を積極的に促します。そして、組織が円滑な運営を行うために、徹底した書類管理を行い、業務の効率性を高めます。

LOMの下支えとして組織の基盤を盤石にし、メンバーに対して心を込めたサポートを提供し、南陽JCが発信する運動の精度を高め、市民や関係団体から信頼のある団体として意識変革の波紋をおこす滴となることで「輝きに満ちた魅力溢れる南陽」を実現します。

事務局長 川合 信也

〔職務分掌〕

1.新春賀詞交歓会の企画・実施(1月)(例会)

2.置賜4JC合同例会の実施(10月)(例会)

3.災害時の対応調整

4.いちょうまつり協力および参加推進(6月)

5.理事会等諸会議の設営

6.日本JC・東北地区協議会・山形ブロック協議会との連携調整

7.渉外業務

8.書類管理

9.その他

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress