一般社団法人 南陽青年会議所 2021年度ホームページ スローガン ~克己心~

まちづくり委員会

  • HOME »
  • まちづくり委員会

基本方針

担当常任理事 髙橋 篤史

  美しい自然や伝統文化、豊富な地域資源を有する南陽市には、少子高齢化や人口減少、経済の衰退など持続的な発展に課題があり、昨年の新型コロナウイルス蔓延拡大に伴い、地域社会に様々な悪影響がもたらされました。地域創生が求められる昨今、我々が掲げる「明るい豊かな社会」の実現に向けて、市民の地域参画への当事者意識を高め、新しい時代の変化にも柔軟な対応ができる地域の魅力を活かした持続可能なまちづくりが必要です。

まずは、地域におけるまちづくりを推進するために、現在の南陽市が抱えている課題や行政の取り組みについて学ぶ市長例会を実施し、このまちの現状を把握して地域社会の課題に真摯に向き合うことで、メンバー一人ひとりのまちづくりへの当事者意識を高めます。そして、行政と南陽青年会議所が協力して地域に根差した活動に取り組むために、SDGsを活用した持続可能な地域社会の在り方について共に模索し、南陽市の未来ビジョンを共有化することで、お互いが担うべき役割を明確にして連携体制をより強固にします。さらに、平和への願いと故郷への尊い想いを次世代に繋いでいくために、人々から共感を得る「あかり絵」を開催し、来場者に癒しと感動を届け、我々の運動をより広く伝播することで、市民の地域参画意識を高めて愛郷心を育み、南陽市の持続的発展に寄与します。また、「あかり絵」を地域活性化の起点とするために、諸先輩方より継承された事業内容とその在り方を検証し、不測の事態を考慮しながら関係諸団体と協力して構築・運営を行うことで、市民との交流を深めて民間主体の事業に近づけ、地域の宝へと昇華させます。

行政との良好な関係を築き、時代の変化に柔軟な対応ができるJC運動を展開し、持続化可能なまちづくりに向けて行動した我々が、地域参画への意識に目覚めた市民とともに、故郷への誇りとより良い未来を次世代に繋げる夢と笑顔溢れるまち、南陽を実現します。

 

事業計画

委員長 髙橋 英人

 南陽市では、かねてより少子高齢化による人口の減少を起因とした地域の問題への対策が挙げられてきましたが、現在も人口は減り続け、さらに流行した新型コロナウイルスによって地域経済にも大きな打撃を与えられました。南陽青年会議所の理念である「明るい豊かな社会」の実現には、自らが暮らすまちの問題に危機感と当事者意識を持ち、その時にできる最大のかたちで地域の魅力を活かした持続可能な運動を発信する必要があります。

まずは、メンバー全員が南陽市の今と未来を把握するために、少子高齢化と人口減少に対する南陽市の見解について学ぶ市長例会を実施し、市長や行政関係者から南陽市の長期的見通しを現状と比較しながら聴くことで、自らの住み暮らすまちの課題に対する危機感と当事者意識を身につけます。そして、行政といかなる時にも協働できる体制を構築するために、第6次南陽市総合計画に基づいた地域の在り方を勘案し、共通した南陽市の未来像を抱くことで、担うべき役割を明確にして地域の課題解決へ繋げます。さらに、市民にこのまちで暮らす幸せを感じてもらうために、「あかり絵」を通して南陽市の持つ魅力を活かした運動を展開し、来場者がまちの美点や文化に触れ、自らが暮らす地域に自信と誇りを抱くことで、市民の郷土愛を深めます。また、「あかり絵」を地域主体の運動へ昇華させるために、来場者が町興しに興味を抱き自ら率先してまちの催しに参画したくなる事業を各外部団体やボランティアの方々と協働し、我々の示した運動の在り方が参加者を通して地域に伝播していくことで、「あかり絵」を市民の共感を得られる地域の宝とします。

行政と共有した未来像の下、まちの魅力を最大限活かした運動を展開し、まちづくりの在り方を地域へ示した我々が、運動を通してまちづくりへの意識が芽生えた市民とともに、故郷への愛と誇りを持って次代に未来を繋ぐ、夢と笑顔溢れるまち、南陽を実現します。

  • facebook
Copyright © 一般社団法人 南陽青年会議所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress